T77衝鋒槍
T77 SMG.jpg
概要
種類 短機関銃
製造国 中華民国の旗 中華民国台湾
設計・製造 第205兵站廠
性能
口径 9mm
銃身長 215mm
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 15/30発
重量 2.82kg(マガジンなし)
発射速度 毎分 1,200—1,500発
有効射程 150m
テンプレートを表示

77式短機関銃(T77衝鋒槍)は、中華民国国軍で制式採用されている短機関銃

概要

77式を構える憲兵

1985年に、イングラムM10を原形として開発された。M10のガスブローバックオープンボルトテレスコーピング・ボルトといった方式はそのままに、イスラエルUZIも参考にして小口径の9mmパラベラム弾で発射できるようにしている。

77式短機関銃はその後も改良の末1992年に生産され、中華民国国軍および憲兵隊に採用された。また、憲兵特勤隊がテストをした際には、6,000発発射して故障が発生した確率は0.2%と言われている。

採用

憲兵隊では私服憲兵や犯罪検挙などを担当する憲兵に採用されており、また国軍では特殊部隊で使用されている。

関連項目

外部リンク