バタビア航空
(Batavia Air)
IATA
7P
ICAO
BTV
コールサイン
BATAVIA
設立 2002年
運航停止 2013年1月
ハブ空港 スカルノハッタ国際空港
保有機材数 40機
本拠地 インドネシアジャカルタ
代表者 Yudiawan Tansari
外部リンク http://www.batavia-air.co.id/
テンプレートを表示

バタビア航空(Batavia Air、PT. Metro Batavia)は、インドネシアジャカルタに本社のある航空会社である。中国、マレーシアおよび国内の30の空港へ就航していた。ハブ空港は、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港。2013年1月運航停止となった[1][2]

概要

バタビア航空は、2002年1月設立され、センパティ航空からウェットリースされたフォッカー F27を使用し、ジャカルタからポンティアナック定期航路を開設した。

2007年3月、3ヶ月以内にトレーニングメンテナンスを改善しない限り、インドネシア運輸省は7つの航空会社を閉鎖すると発表した。省は、3段階に航空会社をランク付けした。その3番目に列記されたのが、バタビア航空のほか、アダム航空ジャタユ航空カルティカ航空、Manunggal Air Services、Transwisata Prima Aviation、 Tri-MG Intra Asia Airlinesである。その後、2008年2月、改善がみられたとし、安全度調査のカテゴリーIに引き上げられる。

2012年7月、マレーシアの格安航空最大手エアアジアから発行済み株式の49%に相当する出資を受けると共に、その現地法人インドネシア・エアアジアの設立にあたって合弁相手となった地元複合企業が残りの全株式を取得すると報道された[3]。エアアジアグループとしては初の既存航空会社に対するM&A案件で、全株式の取得が完了すればボーイング社製機材は退役、さらに将来インドネシア・エアアジアと統合されることも視野に入る可能性があったが、2012年10月、エアアジアは「企業風土が違う」として買収の中止を発表する。買収提案の中で出されたエアアジアグループと当社の協力関係を確立することが当面の優先課題となった。

就航路線

インドネシア(国内路線)