Encyclopedia of Earth
Encyclopedia of Earth のテーマである「地球」
URL
ホームページ
www.eoearth.org/
タイプ オンライン百科事典
分野 地球
使用言語 英語
項目数 記事数2300以上
閲覧 無料
登録 不要
著作権 CC-表示-継承-2.5
営利性 なし
設立 2006年9月
現代表 編集主幹
カトラー・クリーブランド
執筆者 46ヵ国から参加している700人以上の学者達[1]
査読制度 あり
現状 記事数増加中

Encyclopedia of Earth(インサイクロピーディア・オブ・アース、EoE)は、地球自然環境、そしてそれらと人間社会との関わりをテーマとする、無料で利用可能な信頼性の高いオンライン百科事典環境問題エネルギー問題などと関連した内容の記事が多い。記事は研究者教師やその他承認を受けたエキスパートらによって執筆され、査読を受けた上でオンラインで公開されている。文章は平易な英語で書かれており、専門用語の使用を極力減らすことで、研究者や教育者のみではなく学生や広く一般の人々の間でも役に立つ百科事典になることを目指している。[2]

EoE は Earth Portal(「デジタル・ユニバース」プロジェクト[3]の一部)の一部で、ニュースサービス、整理されたメタデータ、環境に関するサーチエンジン、その他の情報源から成る。EoE は2006年9月に記事数約360の状態でスタートし、2007年5月現在の2300の記事を持つ。EoE のサイト構築、デザイン、およびメンテナンスは、アメリカのインターネットサービス会社 ManyOne Networks が行なっている。

執筆と公開のプロセス

記事の執筆と公開は次の二つのステップを経て行なわれる。

  1. wikiシステムを使って、専門家が文章を執筆、編集する(wikiシステムにはMediawikiの派生バージョンを使用している)
  2. 執筆編集作業が終了したら Topic Editor が文章が査読する。これをパスすればオンライン記事として公開される。

記事の内容は執筆者のwiki上で継続的に改訂されていくが、その変更を公開されている記事にも反映させる為には、再度の査読過程が必要となる。

EoEは記事の執筆に関して、中立性公平性の方針を定めており[4]、議論のあるテーマについて触れる場合は、両論を公平に併記し、中立性を保つよう執筆者に促している。この方針の中で、百科事典それ自体は環境問題に関してどんな立場も表明すべきでないと謳っている。

予算