ジャパン・ラジオ・ネットワークJapan Radio Network)は、TBSラジオ基幹局とする日本民間放送ラジオネットワークである[1]。一般的には略称のJRN(ジェイアールエヌ)[2]が使われる。

1965年5月2日発足[3]。加盟局は34局(内訳は後述)。

JRNのキー局:TBSラジオ

加盟局

内訳は単独加盟局4局、クロスネット局30局。AM単営5局(RFC・TBS R[4]・CBC R[5]・ABC R[6]・WBS)、ラテ兼営29局[7] となっている。JRNはAM単営局及びシングルネット局(JRN単独局)がNRNより少なく、ほとんどがラテ兼営局、及びNRNとのクロスネット局により構成されている。JRN単独局はTBS・CBC・RKB・RBCの4局のみ。また、TBS・CBC・ABC以外のJRN基幹局=HBC・TBC・MBS・RCC・RKBはラテ兼営であり、併設TVが全てJNN系列=JNN基幹局である。[8][9][10][11]

この表は、日本民間放送連盟公式サイト「会員社」ページ の表記に準じて記載している。NBCラジオ佐賀を除く全局で「radiko.jp」配信を実施。

代表的なネット番組(50音順)

ローカルセールス枠は、関西地区においては放送されることは基本的に無く、ネットワークセールス番組(ネットスポンサーが付いている番組。黒ネット番組ともいう)。においては、関西地区についてはCMのみネットして、番組自体は放送していない場合がある。なお、報道番組の場合はMBSが制作協力をしており、有事の際には報道特別番組編成のためにネットすることになっている。ただし、番組によっては「JRN」記載がないものも存在する[23]

クロスネットの大阪地区において、○印:MBSラジオで放送。●印:ABCラジオで放送。無印は原則放送されず。

TBS系列各局では「絆プロジェクト」と題した震災復興支援活動を展開しており、被災地へ贈る義援金・救援物資・携帯ラジオ受信機を随時受け付けると共に、各自社制作ワイド番組内では被災者への復興応援メッセージや被災地の情報を紹介している[24]

大災害発生時や国政選挙時は『JRN報道特番』が放送されている(関西地区はMBS経由。なお民放AMが1局のみの地区ではJRN報道特番が優先ネットされる関係上、NRN全国ニュース番組は非ネットとするか一定時間ごとにNRNとの乗換をする)。

なお、ハワイのKZOOはJRN加盟局ではないが、一部のTBSラジオ制作番組をネットしている。

ブロックネット番組のうち、北海道関東地方中京圏福岡県沖縄県以外はNRNとのクロスネット(特殊例で大阪府のクロスネットが2局ある近畿地方を含む)であるため、特に東北地方北陸地方中国・四国地方のみを対象としたものは実質「NRNブロックネット」ともとれる。

現在放送中

TBSラジオ制作