この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Unicode5.2で表現したARIB外字および、文字合成させた囲み文字)が含まれています詳細

MacJapanese または Mac OS Japanese は、アップルShift_JIS を独自に拡張した文字コードである。

主にClassic Mac OSのバージョン 7.1からバージョン 9.xまでの間で利用された。

対応する文字コード

MacJapaneseはIANAによって登録されていない。そのため RFC 2045§ 6.3 に従って、XMLMIMEなどでは "x-Mac-Japanese" という文字列がこの文字コードの名前として使われている(アップル製であるiPodもこの名前を認識する[1])。

また、MacJapaneseをUnicodeにマッピング(対応付け)した上で、Unicode用の文字符号化方式UTF-16UTF-8など)を使って符号化する方法もあり、macOSのファイル名などにはこの方法が使われている。ただし、MacJapanese固有の文字を私用領域 (Private Use Area) のU+F860、U+F861、U+F862、U+F87A、U+F87E、U+F87Fを使って表現するので、macOS以外の環境との互換性は無い。

歴史