この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Qq Qq
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Qは、ラテン文字アルファベット)の 17 番目の文字。小文字は q 。古いギリシャ文字コッパϘ、小文字 ϙ)に由来する。

Qと名の付く様々な事柄については、#Qの使用例を参照されたい。


字形

様々な字形が知られるが、いずれも円の下に短い縦棒(ヒゲ)が付属した形すなわちコッパ (Ϙ) の、変形である。 ヒゲの関係で、大文字ではふつう円の部分は下から時計回りに書かれ、そのあとでヒゲを書く。また、ヒゲは、ベースラインを越えて下に突き出すことも多い。

  1. ヒゲを右に曲げる。
  2. ヒゲを円の真下でなく右に寄せる。フラクトゥールでは、である。
    1. さらにヒゲを円の中から円弧を突き抜ける形にする。
    2. 円に続けてヒゲを書くために、円の下部から時計回りに小さい円を描き、そのまま右下に突き出す。
  3. ヒゲを水平に書く。このとき、円と少し離して書くことがある。また、水平線は波打たせることがある。
    1. 円と水平線を続けて書くために、円から斜め下に接続線を書く。縦線が復活する形になる。
    2. 筆記体では、円を真下から書き始めずに途中から書くことがある。この結果、数字の2のような形となる。
  4. 小文字は、縦棒が右に寄り、長くなって円の右に接する形となり、ベースラインを越えて下に突き出す。数字の9と似た形となる。フラクトゥールでは、である
    1. 数字の9と区別するため、縦棒の下部や、縦棒のベースライン付近(円よりは下)に